いちばん簡単な冬の寒さ対策

冷え性対策

いよいよ寒さも本番!
携帯カイロにレッグウォーマー、ダウンジャケットや裏起毛のズボン。しっかりと防寒武装しても、やっぱり寒い・・・、手足の先が冷える・・・という方も多いのではないでしょうか?

その一番の原因は、手足の先の血管が、寒さで収縮する『ゴースト毛細血管』になっているからだと考えられます!

手足の先や手首足首は、動脈も静脈も血管が浅いところを通っていて、熱交換が盛んにおこなわれています。
『ゴースト毛細血管』になることで、血管が収縮して血が流れない・・・
これが進むことで冷え性はさらに悪化し、シモヤケや凍傷にまでなってしまうことも。

では、『ゴースト毛細血管』はどう改善したらいいのでしょうか?

食べ物で改善する方法もあるようですが、コストをかけず、すぐに『ゴースト毛細血管』の血流を復活させるオススメの方法をご紹介します!

それは、『むすんでひらいて』です。

手をグーにしたり、パーにしたり、握ったり開いたりを繰り返すことで、『ゴースト毛細血管』が改善され、血流がよくなり、常に血が流れることで温かくなります。

手の場合は、ちからいっぱい握ってから指先に血が流れるイメージでパーーーーっとひらく。
足の場合も、手と同じようにグーしたりパーしたり。もしできない場合は、手で足の指をしっかりと握らせたり反らせたり
することで、『ゴースト毛細血管』を改善でき、冷え性も改善できます。

さらに、あらあら不思議!
『むすんでひらいて』で温まった血液が、お腹や腰まで温めてくれるんです!特に、足先の『ゴースト毛細血管』を改善し、お腹の中まで温まれば、PMSや更年期、妊活の対策にもなります。

ぜひ、手足の冷えが気になる方、冷え性にお悩みの方、寒さが苦手な方は、『むすんでひらいて』を生活習慣に取り入れてみてくださいね。
『むすんでひらいて』お勧めです。

関連記事一覧

  1. 花粉症対策
  2. おかゆ
  3. 新年のご挨拶
  4. 熱中症になりやすい人とそうでない人
  5. 美容鍼
  6. 水を飲む
PAGE TOP