鍼治療で免疫力を上げる

鍼治療

鍼治療のはじまりは怪我だったという昔話があります。

その昔、中国のどこかで狩猟を生業としている人がいました。しかし、腰痛がひどくなってしまって、思うように獲物が獲れません。そんなとき、不幸は重なるもので、転けて足を少し切る怪我をしてしまいました。すると、あら不思議!なぜか腰痛がピタッと治まり、お仕事に精を出すことができました。

そんな話を聞きつけたお医者さんが患者さんのあっちを切ったりこっちを切ったり、時には火傷をさせたり、長い間の人体実験の結果、鍼灸治療は体系化されたそうな・・・

ほんとかどうか定かではありませんが、そんな昔話があるとかないとか^^;

実際に西洋医学の鍼治療への認識は、傷をつけることでの自己治癒力アップが効能のひとつと考えられています。鍼という異物が入ってくると免疫細胞が活性化して集まってきます。風邪をひいたら熱が出て細菌を駆逐しますよね、あれと同じような原理です。改めて本当に人の体は強いものだと感じますが、免疫細胞が活性化するもの、やはり体が健康であってこその生理反応なわけです。

瑠璃庵の鍼治療では、元々の体質に加えて日々の良くない生活習慣から崩れてしまった体のバランスを調整して健康な状態を取り戻していきます。鍼治療できっかけとなり、生活習慣を改善することで、病気に対する抵抗力の強い健康な体を作る=免疫を上げることができるわけです。

今問題の新型コロナウイルスだけでなく、ウイルスや細菌はたくさん存在しますから、いつでも、できる限り健康な体を保ち、免疫を上げていきましょう!

瑠璃庵の鍼灸治療について

関連記事一覧

  1. ダイエットについて
  2. 梅雨
  3. おかゆ
  4. 水を飲む
  5. 梅雨のすごしかた
  6. 花粉症対策
PAGE TOP